ワキガの原因のアポクリン腺が活発になるのはなぜ?

ワキガの原因となっているアポクリン腺は生活習慣によって活発になってしまう

ワキガはアポクリン腺から分泌される酸化された汗が主な原因です。脇には誰でもアポクリン腺がありますが、人ぞれぞれアポクリン腺の量を違います。そのためアポクリン腺の量が多い人ほど酸化された汗が多く分泌されるのでワキガ体質になってしまうのです。

 

アポクリン腺は生活習慣によって活発になってしまう事があります。まず肉類や揚げ物など脂質が多い食べ物を中心とした食生活をしているとアポクリン腺が刺激されて活発になってしまいます。

 

肉類や揚げ物ばかり食べていると肥満にもなってしまい体内に溜まった熱を放出しづらくなってしまいます。そのため体内に熱が溜まって暑く感じるようになってしまいアポクリン腺も活発になってしまいます。

 

ストレスを溜め過ぎてしまうと常に緊張した状態になってしまうのでアポクリン腺が刺激されていってしまいます。それによりアポクリン腺が活発になってしまい酸化された汗が分泌されてしまいます。

 

このように生活習慣の中でアポクリン腺を刺激して活発になってしまうという事はいろいろあるので注意しなければいけません。特に肉類や揚げ物など脂質が多い食べ物を中心とした食生活を長い間続けているととワキガ体質が酷くなってしまって臭いがどんどん強くなってしまいます。そのため食生活は特に注意しなければいけません。

 

ワキガの対策としてやるべきこと

ワキガの対策としてやってみることはいくつもあります。ですから、基本的にはまずは拭くことです。腋を拭くことによって、かなり改善できるようになります。これだけでもやってみる価値はあります。何でもよいのですが除菌ティッシュなどを使うことが大事になります。これでかなり臭いは緩和できるようになります。そもそも臭いが発生している理由をよく知るべきでしょう。実は汗のみではないです。

 

腋にいる雑菌なども原因の一つになっています。汗のみではなく、雑菌のみでもないです。二つがあってこそ、ワキガの香りが生まれるわけです。

 

その為、基本的には腋を拭くのはかなり有効的な方法であるといえます。これをよく知っていますとかなり助かることになります。少しでも臭いを消すためには、腋は拭くべきです。問題となることは、雑菌でもあるわけですから、その温床となる物も排除するべきでしょう。

 

具体的にはこれは避けるべきであるといえます。それこそが腋毛になります。腋毛は確実に剃っておくのがワキガに良いことであるといえます。それこそがまずはやってみるべき行為の一つでもあります。はっきりいって、なかなか難しいことでもあります。毎日剃る手間があるからです。